東京おさかなの会(オタク水泳部)

東京おさかなの会(オタク水泳部)の公式ページです。 練習会やその他イベントのお知らせ、メンバーの活動日記など書いております。

アクセス頂きましてありがとうございます。

このブログは、東京おさかなの会(オタク水泳部)の公式サイトです。

オタクや同人作家が集まってスポーツをやろう、という企画、世の中でちょくちょく見かけるので、それの水泳版(というか水遊び版)を作ろうということで集まりました。
普通のプールでの水泳の他、スキンダイビング(素潜り)やフィンスイムもやっています。

2017年までは身内だけで細々とやっていた企画なのですが、2018年からは本格的に人を集めて活動していこう、ということになりまして、ブログを立ち上げました。

名前こそガチのチームっぽいですが、実際にはみんなで水遊びしようというゆるーい集まりです。
全然ゆるーくないガチ勢もいますし、25m泳げないくらいの初心者もいますが、この会はあくまで遊び場としてメンバーに楽しんでもらっています。

主に以下の活動をやっています。
  • お互いに声をかけあって、プールに遊びに行きます。
  • 時々団体でプールを借りて練習会やることもあります。
  • 横の繋がりで仲の良い練習会にみんなで参加することもあります。
  • みんなで海とか川とか行きたいなぁ。
コアメンバー共々、よろしくお願いします。

お久しぶりです。
結構直近ですが、6月~8月のイベント予定をお知らせします。
辰巳がけっこうあるので、是非遊びに来てくださいー!

○辰巳
 6/3 21:00~22:00 https://atnd.org/events/106222
 6/6 21:00~22:00 https://atnd.org/events/106223 
 6/11 19:00~21:00 アーニーさん企画(申込み窓口ご案内します)
 6/11 21:00~22:00 https://atnd.org/events/106224

○BumB
 6/15 20:00~22:00予定(決まり次第別途アナウンスします)

○海企画
 いくつか検討中。決まったらお知らせします。

○ミサト(Cosmic Roze)
 今年こそはみんなで行きたいなぁ。

東京おさかなの会でよく話題になるプールと特徴を、さっくりとまとめてみました。

辰巳国際水泳場
日本のスイマーの聖地です。名前の通り辰巳駅が最寄りですが、新木場からも便利です。東京で一番格式のあるプール、って言えばいいのでしょうか。スペック的にも50mのメインプールだけではなくサブプールも50m、ダイビングプールや充実したジャグジーまでついていて、とても使いやすい施設です。
オタク水泳部の絡みだと、ダイビングプールの素潜り練習会で名前が出ることが多いです。土日に一般開放している日がほぼないので、それ以外だとちょっと使いづらいところが。

BumB(東京スポーツ文化館)
同じく新木場の夢の島に所在しているプール。こちらは25mの浅い(1.3mくらいかな)プールですが、団体利用の敷居が低く、フィンも使えて水中映像撮影もできるのがありがたい施設です。
オタク水泳部の絡みだと、マーメイド/水中撮影基礎練習会やフィンスイム系の練習会で使わせて頂くことが多いです。

東京体育館(現在長期休館中)
オリンピックに向けた準備で長期休館中です。都心部所在の50mプールで、辰巳に大会系を大半寄せた結果、こちらがほぼ常時一般利用できる体制になっていました。
一方の端は深さ1.3m、もう一方の端が深さ1.8mでしたっけ……?実質100m通してペースをある程度維持できないとなかなか苦しいプールなので、中級者以上でプール行くかー!ってときによく候補になっていました。

コズミックセンター
西早稲田駅近くのプール。施設には何の変哲もないのですが、8月限定で朝8時からオープンしているので、「仕事前に一泳ぎしていくか!」的な企画で時々使っています。初心者でも運用・施設設備面で使い勝手の良いプールです。

千代田区立スポーツセンター
23区内ではレアな(たいてい常時使えるところはここだけかも?)飛び込みスタートOKのプールです。ただし飛び込み台があるわけではありませんが!初心者にとってはかなり使いづらい施設なので、中級者以上のときに組んでいます。

横浜国際プール
駅からくっそ遠いですが、ここも横の繋がりのあるダイビングプール練習会があるので、時々お邪魔してます。一般利用でもビーフィンが使えるのが良いところですが、プルブイのレンタルが有料だったりするので微妙なところも。
深さ1m、2.5mのプールがそれぞれあるので、初心者とガチ勢がいっしょの回でも企画何とか組めるのがありがたいところ。

他にも千葉国際や十条台パノラマプール、墨田区総合体育館などを使ったことがあります。

↑このページのトップヘ